2014年11月01日

「会社経営は、やったことしか残らん」

益田市出身で、200億円を超える負債から会社を建て直したというUBI株式会社代表の木村勝男氏は、「やってみな分からん、やったことしか残らん」というシンプルかつ熱いメッセージを残されています。

ご承知の通り、この変化の速い時代において、現状維持を考えることは「衰退」を意味します。

したがって木村氏のおっしゃるように、「やったかどうか」、言い換えると「挑戦したかどうか」に重きを置いて経営すべきだと思います。

そしてそのためには、経営者やリーダー自らが「挑戦する姿勢」を見せ続け、社内に「挑戦する土壌」「挑戦する空気」を生み出すことが必要不可欠ではないでしょうか。[

これからの時代は、「やったことしか残らん」のです。
posted by 安野広明 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

「一瞬一瞬に打ち込み、道を拓いていく」

歌舞伎界で奇跡の女形と呼ばれる坂東玉三郎氏は、小児麻痺の後遺症というハンディキャップを抱えながら、「この一幕、必死で舞台に立つ」の繰り返しで、50年間やってこられたそうです。

「いいと思ったら、そこで終わり」という養父の教えに従い、時を忘れるほど舞台に打ち込み、一道を極め、人間国宝にまで認定されました。

また、パナソニックの創業者である松下幸之助氏は、「1つの仕事に一生打ち込んで、そこに生きがいを見出せる人は幸せだ」とおっしゃっています。

会社経営というのも、1つの「道」です。

自身の仕事に没頭・没入して打ち込み、「経営道」を極めていくことで、幸せへとつながるのではないでしょうか。






posted by 安野広明 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

社内での“対話”を、仕組み化する

「会社づくりとは、人づくりである」とよく言われますが、「人づくり」をする以前に、社内でのコミュニケーション不足に悩んでいらっしゃる経営者の方が、思いのほか多いのではないでしょうか。

そして、そのような場合に効果的なのは、従業員さんとの腰を据えた「対話」だと考えています。

ただし、「いつかじっくり対話しよう」と思うだけでは、日々の業務に忙殺されて後回しになり、その間にもコミュニケーション不足によるトラブル等が生じかねません。

したがって、できるだけ日々の業務の仕組みの中に、「対話」を取り入れることをおすすめします。

強制的にでも「対話」することによって、少しずつ心のわだかまりが解けていくはずです。

ちなみに弊社では、毎月1回、業務時間内に個別面談を実施しております。ご参考までに。
posted by 安野広明 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

1人1人の成長が、会社を成長させる

女子サッカー界を牽引し、「なでしこの父」と呼ばれる阿部由春監督は、伸びる選手と伸びない選手の差について、「簡単なことを真剣に聞く人間は強くなる。分かった、分かったと聞き流す人間は強くならない」とおっしゃっていますが、このことは仕事においても当てはまるのではないでしょうか。

「簡単な作業であっても、真剣に捉えて一所懸命に取り組める人間」、言い換えれば「我慢できる人間」というのは、心が強くなります。

そのような人は、我慢の境界レベルが高くなるため、長い目で見れば大きく成長できるのだと思います。

そして経営者としては、従業員のそのような姿勢を評価し、1人1人の成長を導けるようにありたいものです。

posted by 安野広明 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

付加価値が生まれる瞬間を見極める

 どんなビジネスにも「仕事の本質」、つまり「付加価値が生まれる瞬間」があると思います。

それは、例えば「製品が完成した瞬間」や「お客様に商品をお渡しする瞬間」、「ありがとうございました!とお客様をお見送りする瞬間」などなど、業種・業態によって様々でしょう。

 そして大切なのは、その「瞬間」を社内で共有し、メンバーの意識をそこに向けることです。

メンバー全員の焦点をその「瞬間」に定めることで、より付加価値が高まっていくのだと思います。

そのためにも経営者は、「付加価値が生まれる瞬間」を見極め、会社のメンバーに語り続ける必要があるのではないでしょうか。
posted by 安野広明 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。