2016年04月01日

「会社づくりに欠かせない、“よそ者”感覚」


町づくりには

「若者」、「バカ者」、そして「よそ者」

の存在が鍵になると言われますが、

この「よそ者」感覚は、

会社づくりにおいても欠かせない

と考えています。


つまり外部の人が、

自社を訪れたり、ホームページをご覧になった際に、


「第一印象はどのように見えて、どう感じたか?」


ということ。



自社や業界にとっての当たり前は、

外にいる人にとって当たり前ではありませんので、

そこからはたくさんのヒントが得られます。



そしてそのためにも、

チャンスがあれば、


「当社の〇〇をご覧になって、どう感じられましたか?」


と、思い切って聞いてみて下さい。



社交辞令が入るにせよ、

参考にはなるはずです。



「よそ者」感覚を、

会社づくりに生かしていきましょう。




*毎日更新している「社長のブログ」も、

 ぜひご覧になってみて下さい!
    ↓   ↓   ↓
 http://bplan.seesaa.net/




posted by 安野広明 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

「本当の“負けず嫌い”とは」



元プロテニスプレーヤー杉山愛選手の母

にしてコーチも務めていた杉山芙沙子さんは、

一流選手に共通する人間的資質として、

「負けず嫌い」を掲げていらっしゃいます。



一般的に「負けず嫌い」というと、

「他人に負けることを嫌う勝気な性質」

を意味しますが、

ここでは「他人」ではなく、

「自分自身」に対して「負けず嫌い」

なのだそうです。



「あいつには負けたくない」

と言っているうちはまだまだで、

本当の「負けず嫌い」は、

相手との比較がないので

どこまでも伸びる可能性がある

という訳です。



そして、これは経営でも全く同じ。



もちろん、他社との競合によって、

自らが成長できる場合もありますが、

最終的には、

自分が掲げた目標や計画に対して、

どれだけ「負けず嫌い」になれるか

が大切ではないでしょうか。




*毎日更新している「社長のブログ」も、

 ぜひご覧になってみて下さい!
    ↓   ↓   ↓
 http://bplan.seesaa.net/




posted by 安野広明 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

「経営者にとって最大の敵とは・・」


経営者にとって最大の敵は、

競合他社でも外部環境でもなく、

自分の中に存在する「常識」

だと考えています。



「経営とはかくあるべき」

「社員教育はこうすればよい」

「地域性だから仕方がない」・・などと、

誰しも少なからず「そういうものだ」という

ご自身の「常識」をお持ちのはず。



そしてそれらは多くの場合、

過去のご経験や先代・先輩からの教えによって

形成されたものだと思います。



しかしご承知の通り、

時代の変化に応じて、本来、

自分の中の「常識」も変化させなければなりません。



これまでの「常識」に固執してしまうと、

いつの間にか時代にそぐわない「非常識」な考えに

なってしまう可能性すらあります。



したがって、

まずは自らの「常識」を疑うことが大切です。



最大の敵は、意外と身近に潜んでいるのです。




*毎日更新している「社長のブログ」も、

 ぜひご覧になってみて下さい!
    ↓   ↓   ↓
 http://bplan.seesaa.net/



posted by 安野広明 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする