2015年07月01日

「“お客様第一”は手段ではなく、目的です」

経営理念やビジョンに「お客様第一」を掲げていらっしゃる会社は、世の中にたくさんあります。

ただし残念ながら、儲けるための手段として「お客様第一」を謳っている会社は、ある程度まで行ったら失速するようです。

いくら形式的に「お客様第一」とアピールしたところで、あくまで目的は金儲けですので、その気持ちがお客様にも伝わるのかもしれません。

やはり「お客様第一」を本当の目的にしている会社、いい仕事をして、お客様に対してよい商品やサービスを提供し続けようという気持ちのある会社の方が、結果的には儲かります。

また、そこで働く人も、いい仕事をして褒められた方がやりがいを感じるはずです。

目的と手段が入れ替わっていないか、今一度見直したいものです。
posted by 安野広明 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見しております
いい教えをありがとうございます

私は小さな、飲食店を経営して
5年経ちました。
また拝見させて頂きます。

木鶏で、ヒットしてから
こちらのブログのファンです。

ありがとうございました。
Posted by Rin at 2015年07月09日 14:06
Rinさん、コメントありがとうございます。
稚拙な文章で恐縮ですが、読んでいただき嬉しく思います!
Posted by 安野広明 at 2015年07月09日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。