2015年04月01日

「“社内木鶏(もっけい)会”を導入してみませんか?」

社内木鶏会とは、月刊誌『致知』を用いた社内勉強会です。

「木鶏」とは、中国の『荘子』にある故事で、ある男が立派な闘鶏を育て、ものに動じないその様子が木の鶏のようであったところからきているそうです。

既に全国で1万社以上が導入し、昨年は下村文科大臣を筆頭に、党派を超えた「国会木鶏クラブ」も誕生しました。

弊社では、約2年半前に導入し、人間力向上の鍛錬の場・切磋琢磨の場として有効活用しております。

かける時間は毎月1時間程度なので、あまり負担感なく効果を感じられるのがメリットです。

「社員の人間力向上は企業発展の原点」ですので、是非、社内木鶏会の導入を検討されてみてはいかがでしょうか?
posted by 安野広明 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。