2016年07月01日

「身近な人を幸せにできなければ、大事は成し得ない」

かのマザー・テレサは、

「世界平和のために私たちにできることは何ですか?」

という質問に対して、

「家に帰って家族を愛してあげて下さい」

と答えたそうです。


「身近な人を幸せにできない人に、社会を幸せにすることはできない」

という意味だと理解しています。


そしてこのことは、会社経営に置き換えても同じ。


「経営ビジョン(志)」や「ミッション(使命)」などといった目標を掲げることは、

経営者として必要不可欠ですが、

大きなことばかり言って身近な人をないがしろにしては何も成し得ません。


自分を支えてくれる家族や、

一所懸命に働いてくれる社員さんに感謝し、

皆さんが幸せを感じられるように努力するのも、

経営者の大事な役割だと考えています。





*毎日更新している「社長のブログ」も、

 よろしければご覧になってみて下さい!
    ↓   ↓   ↓
 http://bplan.seesaa.net/





posted by 安野広明 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

「求道的な生き方こそが、人生を豊かにする」


松下政経塾の初代塾頭である上甲晃氏は、


「何を極めようとして生きているかが、

 その人の老後のあり方を大きく左右する」


とおっしゃっています。



例えば、

「地位」を極めようとして生きている人は、

地位が無くなると急速に衰えるし、

「財産」を極めようとしている人は、

ある程度財ができるともう見る影もなくなる。



これに対し、

最後の瞬間まで光り輝いているのは、


「道」を極めようとしている人


だそうです。



では、私たちにとっての「道」とは何なのか?


それは、「仕事」そのものだと思います。



「どうすれば仕事を通してお客様や地域の皆様に喜んでいただけるか?」

を追求し続けること。



そのような求道的な生き方こそが、

輝き続ける秘訣なのかもしれません。





*毎日更新している「社長のブログ」も、

 よろしければご覧になってみて下さい!
    ↓   ↓   ↓
 http://bplan.seesaa.net/


posted by 安野広明 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

「応援される人とそうでない人の差とは?」


周りから応援される人とそうでない人

との差は、


「感謝の気持ちを形にして伝えているかどうか?」


だと思います。



態度が横柄だったり傲慢だったり

するのは論外ですが、

いくら感謝の気持ちはあっても、

その想いを形にして相手に伝えなければ、

それはそれで、

「応援される人」

にはなり得ないと考えています。



そのひと手間を惜しむということは、

結局のところ、

相手がわざわざ時間をつくって下さったり、

自分のためを想って下さっていること等に

気付けていない、もしくは

気付いていてもそこへの感謝が足りない

ことの現れではないでしょうか。



私もまだまだですが、

できるだけまめに、

口頭、メール、手紙、はがき等で

感謝を伝えたいものです。





*毎日更新している「社長のブログ」も、

 ぜひご覧になってみて下さい!
    ↓   ↓   ↓
 http://bplan.seesaa.net/




posted by 安野広明 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする